フランス語の「gare(ガール)=駅」は、オガールの語源の一つとなりました。
そんな、駅前のオガールから始まる、自転車の旅はいかがですか。
紫波町は、奥羽山脈と北上高地に挟まれた、東西に長い町です。
広さは、東京都の10分の1。
その町の真ん中を、北から南へと悠然と北上川が流れています。
東西の山では地質が異なり、西の山裾ではラ・フランス、東の丘側ではリンゴやブドウが盛んにつくられている、「フルーツの町」です。間もなく美味しい果実の収穫の季節になります。
遠くに岩手山や早池峰山、姫神山を眺めながら、町の西端にある東根山に抱かれた格好の田園風景の中を自転車で走れば、日頃の疲れもスッとほどけていくことでしょう。
東根山の麓には、ラフランス温泉館、あずまね温泉ききょう荘などの日帰り温泉もあり、ひと汗かいた後のお風呂も最高です。
自転車は、「クロスバイク」「ロードバイク」「電動機付自転車」をご用意しております。
残暑が終われば、秋はもうすぐ。
サイクリングに最高の時期がやってきます。
美味しい紫波の幸に舌鼓を打ちながら、町内をめぐってみてはいかがですか。

※この OGAL RENTAL BIKE は、オガール企画・紫波町・紫波町観光交流協会の三者の協力により社会実験として行っております。

https://ogal.info/news/8195

 

2020年9月2日更新