南日詰大神楽【紫波町無形民俗文化財】

その昔、江戸より慰問として七軒町と称する芸能の一団が奥州にやって来た。主な踊りは獅子舞、はやし舞、万才、狂言など表裏24の踊であった。南部公と共に、稗貫八重畑に居た、南部の分家の地家を訪ねる途中、新堀六角で庄屋を務める佐藤秀右ェ門忠兼の家に休泊した時、旅のつれづれに教え遺したのが大神楽であった。その後舞の手振りに工夫を凝らして、六角流大神楽と称した。南日詰に伝えられたのは明治20年代と思われる。座元に保存されている幕には、明治24年、新堀から贈られた、大神楽読本には明治27年と記されている。その後、盛衰を繰り返しながら現在に至っているが、創設期から昭和30年代まで、一貫して指導してきたのが高橋孫十郎であった。現在の組は、昭和48年に、高橋憲治郎氏、高橋正喜氏等の指導によって結成された。 代表者 高橋 信

住所 岩手県紫波郡紫波町南日詰字梅田98

近くのスポット

  • 桜町田植踊り【紫波町無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町桜町字中屋敷5-2

    桜町田植踊の歴史は平泉に藤原氏が栄え始めた頃から田植踊とか、大神楽のような芸能が伝承され、明治初期まで踊られたそうです。しかし、後継者がいなくなり途絶えておりました。その後、明治22年埼紫波町桜町の与十郎家(現在の高橋次男家)が中心となって(家元)復活し、伝承されて来ましたが、やはり後継不足等の問題で昭和32年以降消滅しておりました。

    詳細を見る

  • 箱清水卒塔婆群

    • 斯波氏
    • 歴史・文化
    住所 紫波町南日詰字箱清水

    鎌倉時代になると文教信仰が地方にもより広がり、石の供養碑(石卒塔婆、板碑)が各地で造立されるようになります。この一帯は大荘厳寺との関連も考えられます。 石卒塔婆は薬師神社から五郎沼東北側にかけておよそ10基現存します。

    詳細を見る

  • 大荘権寺(だいしょうごんじ)跡

    • 平泉樋爪
    • 歴史・文化
    • 観る
    • 観る中部
    住所 紫波町南日詰字箱清水

    大荘厳寺は、比爪館の構成要素として、「政庁」、「御所」とともに造営された「寺院」です。奥州藤原氏の滅亡後も大荘厳寺は存続し、中世を通じて、比爪館のあった箱清水地内に所在し続けました。

    詳細を見る

  • 五郎沼

    • 平泉樋爪
    • 歴史・文化
    • 観る
    • 観る中部
    住所 紫波町南日詰字箱清水

    奥州藤原氏初代清衡(きよひら)の孫桶爪太郎俊衡(ひづめたろうとしひら)、五郎季衡(ごろうすえひら)兄弟の館が近くにあり、五郎がこの沼で遊泳していたことからその名がつけられたといわれています。 春は満開の桜並木が水面に映え、夏には古代蓮(こだいはす)の池で蓮の花が色鮮やかに咲き競い、冬は白鳥の飛来する所として知られています。

    詳細を見る

  • 比爪館(ひづめのたち)跡

    • 城館
    • 平泉樋爪
    • 歴史・文化
    住所 紫波町南日詰字箱清水 赤石小学校付近

    比爪 もうひとつの平泉 比爪館は、平泉初代藤原清衡(ふじわらのきよひら)の四男清綱(きよつな)がここに派遣され、その子、太郎俊衡(たろうとしひら)、五郎季衡(ごろうすえひら) らが居を構えて比爪の地の産金等を支配したとされています。

    詳細を見る