安倍道(あべみち)跡

安倍道(あべみち)跡

紫波町西部の山裾を南北に縦貫する古道「安倍道」の存在が伝承されています。 安倍道の呼称は古代安倍氏に由来するもので、安倍氏全盛時代から前九年合戦の滅亡頃の主要交通路と推測されます。 東北自動車道の脇、石鳥谷町と紫波町との町境、紫波サービスエリアの南端に、上水道の片寄配水場付近から、林の中を東西に走る道路があり、やぶ、林の中を北に向かうと、黄金堂(こがねどう)裏、隠里寺(いんりじ)前とたどれます。願円寺(がんえんじ)山門前の山王海幹線水路に沿うように安倍道が通っています。 松森山の東の道を通り、金田(かねだ)方面からの道路と合して、新山神社(里宮)の裏道、源勝寺(げんしょうじ)跡、弥勒地(みろくぢ)、志和稲荷前とたどることができます。

住所 紫波町土館字木金ほか

近隣交通情報

駅・東北自動車道IC 距離 交通手段 所要時分
 

JR日詰駅(地図移動)

 

 

自動車
自転車
徒歩
 

JR紫波中央駅(地図移動)

 

 

自動車
自転車
徒歩
 

JR古館駅(地図移動)

 

 

自動車
自転車
徒歩
紫波IC(地図移動) 自動車

 

近くのスポット

  • 沢田大神楽【紫波町無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町片寄字鶉森235-4

    口伝によると、宝永年問(1704~1711)の旧正月に、源勝親なる老武将が、吉兵ェ館の政略の命を受けて当地へ来た折に、士気の鼓舞を図るということで、神楽を隠里寺、田植踊を常泉寺と二手に別けて踊らせた。その田植踊の余興として舞われたのが大神楽の舞・狂言であったと言われている。その事が功を奏してか、士気は大いに高揚され、めでたく吉兵ェ館を攻め落すことができたという。

    詳細を見る

  • 藩境塚跡

    • 南部氏
    • 歴史・文化
    住所 土館新山神社付近   犬渕字深田付近

    盛岡藩と八戸藩の藩境を示す藩境塚が1番から202番まで築かれました。その一部が新山神社周辺と国道4号線石鳥谷バイパス入口付近に残っています。藩境塚は、盛岡藩と八戸藩が交互に塚を築き、盛岡藩のものが奇数番、八戸藩は一回り小さく、偶数番でした。

    詳細を見る

  • 安倍道(あべみち)跡

    • 安部氏
    • 歴史・文化
    • 観る
    • 観る西部
    住所 紫波町土館字木金ほか

    紫波町西部の山裾を南北に縦貫する古道「安倍道」の存在が伝承されています。 安倍道の呼称は古代安倍氏に由来するもので、安倍氏全盛時代から前九年合戦の滅亡頃の主要交通路と推測されます。

    詳細を見る

  • 善知鳥館跡(うとうだてあと)

    • 安部氏
    • 歴史・文化
    • 観る
    • 観る西部
    住所 紫波町南日詰字滝名川12 厳島神社付近

    従来から、安倍貞任(あべのさだとう)の臣善知鳥文治安方(うとうぶんじやすかた)の居館跡と伝えられてきました。昭和38年6月、紫波町教育委員会が主体となり、岩手大学板橋源教授を主任調査員として発掘調査を実施した結果、この遺跡は、安倍氏の柵か、もしくは安倍氏につながりのある有力者の居館であったろうと推定されるに至りました。つまり、安倍氏時代における当地域は、この遺跡を拠点として支配されていたと想定されています。

    詳細を見る

  • 山川屋

    • 買う
    • 食べる
    住所 紫波町上平沢字南馬場46

    昭和9年創業の老舗お菓子屋さん。大判かりんとうをはじめ、 クルミいりの稲荷羊羹、ハッカ飴、らくがんはすべて手作り。 稲荷神社のおみやげとしても、古くから親しまれております。

    詳細を見る