彦部田植踊【紫波町無形民俗文化財】

788年昔の建保3年(1215年)から文永年間に至る50年の間浄土真宗の開祖親鸞聖人の高弟の中、10番に位したという是信房が師の意を享けて奥羽に下り仏縁あってか彦部の小深田家彦太夫方に草鞋を脱がれ、石ケ森山に本誓寺を興された。その時、従者として随行した橋本作内(現橋本彦三家49代の祖)と千原三ェ門(現石川利家の遠祖)と弟子の浄信の3人は師の活動に手伝い其の頃、上方に流行した田舞を教えられ、土地の人に教えたのが彦部の田植踊だと口伝されている。踊の進め方は他の組のものと大差のないものであるが、仲踊と称する子供達の踊の中で、車踊という他の組に見られない踊が伝えられている。彦部芸能保存会では、伝承活動の一環として昭和57年から小学生に指導し、小学校でも又、児童の故里学習にと凸植踊りをとり入れ、全校生徒に踊らせ運動会、学習発表会、秋の祭等の行事に発表している。 代表者 佐藤勝雄

住所 岩手県紫波郡紫波町彦部字川前59

近くのスポット

  • 彦部田植踊【紫波町無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町彦部字川前59

    788年昔の建保3年(1215年)から文永年間に至る50年の間浄土真宗の開祖親鸞聖人の高弟の中、10番に位したという是信房が師の意を享けて奥羽に下り仏縁あってか彦部の小深田家彦太夫方に草鞋を脱がれ、石ケ森山に本誓寺を興された。

    詳細を見る

  • 大巻館(おおまきだて)跡

    • 城館
    • 斯波氏
    • 歴史・文化
    • 神社仏閣
    • 観る
    • 観る東部
    住所 紫波町大巻字花立

    大巻の北東部、北上川左岸にある館山(たてやま)(標高168m)の山頂にあります。河村館または館平とも呼ばれ、鎌倉時代初期、当地方を領した河村氏の本城であったとされます。 文治五年(1189年)の奥州合戦において、河村千鶴丸は8月9日に阿津賀志山(あつかしやま)(福島県伊達郡国見町)で戦功をたてて源頼朝の称賛を受け、元服して河村四郎秀清(ひできよ)を名乗ったといわれています。

    詳細を見る

  • café cloudy-coco-land(クラココ)

    • 食べる
    住所 紫波町犬吠森字間木沢26-32

    コーヒーは秋田県潟上市のカフェ・ブレンナーさん焙煎の豆、ハーブティーは、雫石町のティースプーンさんの茶葉を使用しています。

    詳細を見る

  • 野村胡堂・あらえびす記念館

    • 人物
    • 歴史・文化
    • 観る
    • 観る東部
    • 高金寺
    住所 岩手県紫波郡紫波町彦部暮坪193-1

    銭形平次捕物控をはじめ膨大な作品を執筆した胡堂の生涯を総合的に展示した記念館 あらえびすが愛したレコ-ド音楽を楽しむことが出来ます。

    詳細を見る

  • 星山神楽保存会【紫波町指定無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町星山字間野村33

    神楽別当家の獅子頭には大正年代のものもあり、当時から神楽が親しまれていた。地区発展、家内安全、子孫繁栄、無病息災を祈り昭和6年大迫町大償神楽に正式に弟子入りし、翌昭和7年3月1日、百沢神社で初舞奉納したのが始まり。当時、米一俵は8円20銭、脱退すると、米3俵罰として納めるという固い契りの下、9人で発足した。

    詳細を見る