日の輪・月の輪

日の輪・月の輪

前九年合戦で陣ヶ岡に陣を構えた源義家(みなもとのよしいえ)が、池に源氏の旗印である日月(太陽と三日月)が浮かぶのを見て勝利の現れと信じ、一気に厨川(くりやがわ)の柵へ攻め入ったという伝説が残っています。陣ヶ岡の中でお薦めの史跡です。 康平5年(1062年)前九年の役終盤、源頼義、義家親子は厨川柵の安倍貞任を攻める為に陣ヶ岡に3万2千の兵を率いて宿営します。 このときに月明かりに照らされた源氏の日月の旗が堤に映り金色に輝きこれを見た軍勢は士気を鼓舞しました。 源頼義は「吉兆なり」と喜び戦勝の礼として日月の像を泰造します。 後にこの地を訪れて上記のエピソードを聞いた藤原秀衡が日月の像を修造します。 このときの像が現在も原型を僅かながら留めています。 見方によっては明確に確認できます。

住所 紫波町宮手字陣ヶ岡69

近くのスポット

  • 農場直売店 たまご家

    • 買う
    • 食べる
    住所 紫波町小屋敷字新在家116-1

    創業昭和37年の浅沼養鶏場の自慢の卵。放し飼いで身体いっぱいに森林浴させた鶏の卵は、甘みとコクがあって、黄身が濃いのが特徴。 おいしく味わいがあるので、そのまま生で食べるのがオススメです。

    詳細を見る

  • 日の輪・月の輪

    • 安部氏
    • 歴史・文化
    住所 紫波町宮手字陣ヶ岡69

    前九年合戦で陣ヶ岡に陣を構えた源義家(みなもとのよしいえ)が、池に源氏の旗印である日月(太陽と三日月)が浮かぶのを見て勝利の現れと信じ、一気に厨川(くりやがわ)の柵へ攻め入ったという伝説が残っています。

    詳細を見る

  • 廣喜(廣田酒造店)(要予約)

    • 体験する
    • 買う
    住所 紫波町宮手字泉屋敷2-4

    南部杜氏の技と若い感性を生かし、米のうまみを引き出す酒を目指し、純米酒、純米吟醸酒を中心に造っています。「廣く多くの人々に喜ばれる酒」として生まれた廣喜は、今でも当蔵を代表として親しまれています。

    詳細を見る

  • ラ・フランス温泉館 ホテル湯楽々

    • 体験する
    • 宿泊プラン
    • 宿泊西部
    • 泊まる
    • 買う
    • 遊ぶ
    • 食べる
    住所 紫波町小屋敷字新在家90

    天然温泉につかり、心も体もリラックス。湯上りのゆったりとしたひとときを、落ち着いたお部屋でお過ごしください。

    詳細を見る

  • あづまね温泉保養施設 ききょう荘

    • 体験する
    • 宿泊西部
    • 泊まる
    住所 紫波町上松本字内方96

    東根山のすぐふもとにあります。アルカリ単純温泉は美容と健康疲労回復に効果あり、三時間は湯ざめしないと定評のあるあづまね温泉。

    詳細を見る