沢田大神楽【紫波町無形民俗文化財】

口伝によると、宝永年問(1704年~1711年)の旧正月に、源勝親なる老武将が、吉兵ェ館の政略の命を受けて当地へ来た折に、士気の鼓舞を図るということで、神楽を隠里寺、田植踊を常泉寺と二手に別けて踊らせた。その田植踊の余興として舞われたのが大神楽の舞・狂言であったと言われている。その事が功を奏してか、士気は大いに高揚され、めでたく吉兵ェ館を攻め落すことができたという。源勝親は復讐を恐れてか、村上庄兵エと名を変えたというが、宝永7年(1710年)8月26日に死去した。紫光上雪月村居士と号され、隠里寺に墓が残されている。その後土地の柳田・元石・細田・石沢・大沢田・源右エ門(各屋号)の先代達により舞い継がれ、明治39年(1906年)に差田家を庭元とし、南坂の志田守太郎氏を師匠として、間田・南坂・程坊・差田・古町・坂ノ下の人々によって受け継がれてきた。途中、一時廃れていたが、昭和48年に現メンバーが復活させ、今では集落の子供会にも舞を教えている。尚現在用いられている獅子頭は、明治32年(1899年)9月17日に鷹觜春松氏が、志和町の葛岡氏に依頼して新調完成したことが記録されている。昭和50年町文化財指定。 代表者 鷹觜 閲雄

住所 岩手県紫波郡紫波町片寄字鶉森235-4

近くのスポット

  • 新山神社・土舘新山寺跡

    • 平安時代
    • 歴史・文化
    • 神社仏閣
    住所 紫波町土舘字和山

    新山神社は昔は新山権現(しんざんごんげん)といい斯波(しば)氏のころは新山寺(しんざんじ)といって郡内有数の寺院であったといわれています。一説には藤原秀衡(ふじわらのひでひら)の時代にさかのぼる祈願所であったという伝えもあります。かつて新山寺の参道には18ヵ所の坊舎が造られ、出羽三山に関係する僧兵が駐留し、東北の高野山ともいわれるほど盛んだったそうです。 山頂近くの本殿と拝殿は奥宮、ふもとの拝殿は里宮と称され、共に地元民から親しまれています。

    詳細を見る

  • 四ツ堰鹿踊【紫波町指定無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町土舘字弥勒地102

    朝倉流四ツ堰慶子踊りと称し、巻物等によれば、二日町の踊りの伝承を受けたものとなっているが、現状を見る限り相似点は全く無く、むしろ耳取型に近いものを思われますが、これはいつの時代にか後継者がなく中絶したものを、後年に復活する時に変ったものと考えたいと思います。

    詳細を見る

  • 吾妻嶺(吾妻嶺酒造店)(要予約)

    • 体験する
    • 買う
    住所 紫波町土舘字内川5

    当蔵では南部流酒づくりの本流を受け継ぎ、岩手らしいお酒を目指して、仕込みの全てに目が届く年間500石程度の少量生産にて、心を込めた酒造りを行っております。

    詳細を見る

  • 村上製菓

    • 買う
    • 食べる
    住所 紫波町平沢字松田1-5

    懐かしい駄菓子を、昔ながらの製法で手作り販売をしております。 店舗はございませんが、紫波町内各産直、ナックス、ラ・フランス温泉館などで販売しております。

    詳細を見る

  • 柳田館跡

    • 斯波氏
    • 歴史・文化
    住所 紫波町片寄字中平

    片寄(かたよせ)の北西部、奥羽山脈に連なる丘陵東端(標高218m、比高58m)に位置。眼下に滝名川流域はもとより紫波地方全域が一望のもとに広がります。吉兵衛館(きちべいだて)・今崎城・中野館(なかのだて)とも称される。 室町時代には斯波(しば)氏の家臣片寄吉兵衛の居館と伝えられ、戦国時代末期には南部氏の重臣中野修理亮康実(なかのしゅうりのすけやすざね)(高田吉兵衛ともいう)の居館といわれます。

    詳細を見る