沢田大神楽【紫波町無形民俗文化財】

口伝によると、宝永年問(1704年~1711年)の旧正月に、源勝親なる老武将が、吉兵ェ館の政略の命を受けて当地へ来た折に、士気の鼓舞を図るということで、神楽を隠里寺、田植踊を常泉寺と二手に別けて踊らせた。その田植踊の余興として舞われたのが大神楽の舞・狂言であったと言われている。その事が功を奏してか、士気は大いに高揚され、めでたく吉兵ェ館を攻め落すことができたという。源勝親は復讐を恐れてか、村上庄兵エと名を変えたというが、宝永7年(1710年)8月26日に死去した。紫光上雪月村居士と号され、隠里寺に墓が残されている。その後土地の柳田・元石・細田・石沢・大沢田・源右エ門(各屋号)の先代達により舞い継がれ、明治39年(1906年)に差田家を庭元とし、南坂の志田守太郎氏を師匠として、間田・南坂・程坊・差田・古町・坂ノ下の人々によって受け継がれてきた。途中、一時廃れていたが、昭和48年に現メンバーが復活させ、今では集落の子供会にも舞を教えている。尚現在用いられている獅子頭は、明治32年(1899年)9月17日に鷹觜春松氏が、志和町の葛岡氏に依頼して新調完成したことが記録されている。昭和50年町文化財指定。 代表者 鷹觜 閲雄

住所 岩手県紫波郡紫波町片寄字鶉森235-4

近くのスポット

  • 平沢鹿踊【紫波町無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町平沢字境田58-6

    約240年前宝暦4年町内長岡の耳取家稲垣氏の先代から分家して煙山に入植し開拓に従事し、地名も稲垣家の由緒深い駒止の松を讃えて耳取りと名づけた。分家に際し、稲垣家より鹿踊に関する巻物一巻を授けられた。開拓の伴侶として精進するように授けられたものである。その後集落は苦難の道を歩みながらも繁栄の兆を馳せて来た。

    詳細を見る

  • 藩境塚跡

    • 南部氏
    • 歴史・文化
    住所 土館新山神社付近   犬渕字深田付近

    盛岡藩と八戸藩の藩境を示す藩境塚が1番から202番まで築かれました。その一部が新山神社周辺と国道4号線石鳥谷バイパス入口付近に残っています。藩境塚は、盛岡藩と八戸藩が交互に塚を築き、盛岡藩のものが奇数番、八戸藩は一回り小さく、偶数番でした。

    詳細を見る

  • 山川屋

    • 買う
    • 食べる
    住所 紫波町上平沢字南馬場46

    昭和9年創業の老舗お菓子屋さん。大判かりんとうをはじめ、 クルミいりの稲荷羊羹、ハッカ飴、らくがんはすべて手作り。 稲荷神社のおみやげとしても、古くから親しまれております。

    詳細を見る

  • 吾妻嶺(吾妻嶺酒造店)(要予約)

    • 体験する
    • 買う
    住所 紫波町土舘字内川5

    当蔵では南部流酒づくりの本流を受け継ぎ、岩手らしいお酒を目指して、仕込みの全てに目が届く年間500石程度の少量生産にて、心を込めた酒造りを行っております。

    詳細を見る

  • 産直あぐり志和

    • 産直
    • 産直西部
    • 買う
    住所 紫波町片寄字山田前441

    農産物に加え、加工品が豊富。併設の「あぐりちゃや」(11:00~14:00)では、紫波もちもち牛などを使ったランチを手頃な価格で提供。

    詳細を見る