芽吹き屋志和店

芽吹き屋志和店

芽吹き屋の和菓子は海外で認められ、日本では、主に全国各地の生協様・共同購入様で取り扱われております。又、積み重ねてきた実績から学校給食などにもその商品は取り扱われております。当社は「昭和50年」には、当時の零細企業としては珍しい「細菌検査室」を設置し、「安心・安全」「美味しさ」を追求し続けてまいりました。今の「芽吹き屋」に対する評価は、過去に経験した失敗を活かし、原材料・製粉方法・製造工程・品質管理をしっかりと実践している事であると認識しております。一方で、これは「当たり前」の事であるとともに、全ては「素材の良さ」「日本の文化を守る」事につながっていきます。「目覚めた時がつくりたて」「フレッシュ&セーフ」をスローガンに今後も愛される商品開発を続けてまいります。 「芽吹き屋」直営店ならではの品揃え。昔ながらの「京だんご」のほか、「三色だんご」や「やさい王国」などの定番商品、「全国の食品名品コーナー」など、お土産にも最適です。

住所 紫波町上平沢字八幡142
電話番号 019-673-7615
営業時間 お   店  9:00~19:00
レストラン  11:30~19:00
定休日 毎週火曜日
HP http://www.mebukiya.co.jp/

近隣交通情報

距離 交通手段 所要時分
JR日詰駅(地図移動)

 

 

6.0㎞

自動車 9分
自転車 33分
徒歩 1時間53分
JR日詰駅(地図移動)

 

4.4㎞ 自動車 7分
自転車 24分
徒歩 1時間23分
 

JR古館駅(地図移動)

 

 

6.7㎞

自動車 10分
自転車 37分
徒歩 2時間06分
紫波IC(地図移動) 1.1㎞ 自動車 2分

 

近隣観光地情報

距離 交通手段 所要時分
 

ビュウガーデン(地図移動)

 

0.8㎞ 自動車 1分
自転車 4分
徒歩 15分
武田家(地図移動) 1.6㎞ 自動車 2分
自転車 9分
徒歩 30分
紫波古稲荷神社(地図移動) 2.2㎞ 自動車 3分
自転車 12分
徒歩 41分
志和稲荷神社(地図移動) 2.5㎞ 自動車 4分
自転車 14分
徒歩 47分
 

八戸代官所跡(地図移動)

 

0.9㎞ 自動車 1分
自転車 5分
徒歩 17分

近隣タクシー情報

距離 電話番号
株式会社ヒノヤタクシー日詰営業所 (代) (地図移動) 7.0㎞ 019-676-2125

0120-762-125

合資会社日詰タクシー (地図移動) 7.7㎞ 019-672-3335

0120-033-322

有限会社紫波タクシー 日詰駅前営業所 (地図移動) 6.5㎞ 019-672-2143

0120-122-212

となんタクシー矢巾 (地図移動) 11.3㎞ 019-611-2290
株式会社矢巾タクシー 矢巾営業所 (地図移動) 11.3㎞ 019-697-2525

近くのスポット

  • 新山神社・土舘新山寺跡

    • 平安時代
    • 歴史・文化
    • 神社仏閣
    住所 紫波町土舘字和山

    新山神社は昔は新山権現(しんざんごんげん)といい斯波(しば)氏のころは新山寺(しんざんじ)といって郡内有数の寺院であったといわれています。一説には藤原秀衡(ふじわらのひでひら)の時代にさかのぼる祈願所であったという伝えもあります。かつて新山寺の参道には18ヵ所の坊舎が造られ、出羽三山に関係する僧兵が駐留し、東北の高野山ともいわれるほど盛んだったそうです。 山頂近くの本殿と拝殿は奥宮、ふもとの拝殿は里宮と称され、共に地元民から親しまれています。

    詳細を見る

  • 志和古稲荷神社

    • 南部氏
    • 歴史・文化
    • 神社仏閣
    • 観る
    • 観る西部
    住所 紫波町升沢字小森108

    御祭神は「開運福徳の神」「産業の神」として尊崇されている 『宇迦御魂命(うかのみたまのかみ)』で、あらゆる生業に幸福を与え給う神として崇敬されています。昭和29年9月26日台風15号により、社前の御神木大杉が倒伏しました。その根本の空洞の土の中から御眷属(ごけんぞく)「白きつねのミイラ」が出現し、御眷属社の中に安置されています。

    詳細を見る

  • ゴルフ場 岩手ゴルフ倶楽部

    • 体験する
    • 遊ぶ
    • 運動
    住所 紫波町土舘馬の子1-1

    岩手県で最初に設立された歴史をもつゴルフ倶楽部。標高550メ-トルの新山高原の山頂に、約30万坪の広さを誇る。木立も豊富で赤松や白樺で完全にセパレ-トされた美しい景観も楽しめます。

    詳細を見る

  • 平沢鹿踊【紫波町無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町平沢字境田58-6

    約240年前宝暦4年町内長岡の耳取家稲垣氏の先代から分家して煙山に入植し開拓に従事し、地名も稲垣家の由緒深い駒止の松を讃えて耳取りと名づけた。分家に際し、稲垣家より鹿踊に関する巻物一巻を授けられた。開拓の伴侶として精進するように授けられたものである。その後集落は苦難の道を歩みながらも繁栄の兆を馳せて来た。

    詳細を見る

  • 柳田館跡

    • 斯波氏
    • 歴史・文化
    住所 紫波町片寄字中平

    片寄(かたよせ)の北西部、奥羽山脈に連なる丘陵東端(標高218m、比高58m)に位置。眼下に滝名川流域はもとより紫波地方全域が一望のもとに広がります。吉兵衛館(きちべいだて)・今崎城・中野館(なかのだて)とも称される。 室町時代には斯波(しば)氏の家臣片寄吉兵衛の居館と伝えられ、戦国時代末期には南部氏の重臣中野修理亮康実(なかのしゅうりのすけやすざね)(高田吉兵衛ともいう)の居館といわれます。

    詳細を見る