遠山田植踊【紫波町無形民俗文化財】

遠山にはずっと古くから様々な民俗芸能が育つ場所され、田植踊のほか念仏剣舞や奴踊などもあったと伝えられる。佐比内(さひない)から北の地域で、その昔、金の採掘で賑わった時、郷土芸能も盛んだったと推察されるが、文書などによる由緒はなく、はっきりはしない。言い伝えでは鎌倉時代(約800年前)に平泉を経て、青麻神社別当遠山氏より伝授されたものだとされる。昭和の時代一時期中断しかかったが、集落の有志の手によって克服し、今に伝えられる。 代表者 西野 武

住所 岩手県紫波郡紫波町遠山字小杉51

近くのスポット

  • 犬吠森念仏剣舞保存会 【県指定無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町北田字砥掘39

    岩手県教育委員会の調査資料によると、永禄年中(1558~1569)に盛岡市太田の上鹿妻より、赤沢村遠山の与五右衛門氏が伝授を受けたと記されている。

    詳細を見る

  • 法廣山(ほうこうざん) 正音寺(しょうおんじ)

    • 斯波氏
    • 歴史・文化
    • 神社仏閣
    • 観る
    • 観る中部
    住所 紫波町遠山上小深田29-1

    正音寺の銅鐘は約400年前の作で盛岡の法輪院(ほうりんいん)が廃寺となったとき譲り受けたと伝えられています。正音寺の境内左にあるお堂には平安時代後半の木造毘沙門天立像、降三世明王・軍茶利明王・大威徳明王・金剛夜叉明王像が安置されています。これらは、もともとは、赤沢地区の蓮華廃寺(れんげはいじ)周辺に所在した仏堂に安置されていたものです。

    詳細を見る

  • 義経神社(判官堂)

    • 人物
    • 平泉樋爪
    • 歴史・文化
    • 源義経
    • 神社仏閣
    • 観る
    • 観る東部
    住所 紫波町赤沢木戸脇114-3

    源義経(みなもとのよしつね)にまつわる伝説が残る赤沢地区。その一つが義経神社。 お札には、義経と縁のあると思われる「判官宮(はんがんぐう)」の文字と弓矢の絵が描かれており、昔は出征する兵隊が参拝し、このお札をもらって戦地に向かったといわれています。乗馬の鍛練をしたという「鐙越((あぶみごえ)」「矢島(やしま)」「的場(まとば)」が地名として残っています。「鐙越」の急斜面は、「鵯越(ひよどりごえ)」につながる鍛錬の場であったと言われています。

    詳細を見る

  • 赤沢薬師堂

    • 安部氏
    • 歴史・文化
    • 神社仏閣
    • 観る
    • 観る東部
    住所 岩手県紫波郡紫波町赤沢字田中35

    詳細を見る

  • 洞窟 船久保洞窟 (見学要予約)

    • 体験する
    • 歴史・文化
    • 縄文時代
    • 縄文時代
    • 観る
    • 観る東部
    • 遊ぶ
    住所 紫波町船久保

    紫波町東部から花巻市大迫町にかけて広がる石灰岩の層の最も北側に位置する、奥行き約176m、高さ6mほどの、横穴石灰銅。洞窟の奥には美しい鐘乳石がつらなる、約立方50mの広さの空間があります。ここから縄文後期から晩期にかけての土器などが出土したことから、先住民族の住居跡として岩手県の天然記念物に指定されています。

    詳細を見る