高水寺跡

高水寺跡

二日町の東部、城山の北西麓に位置した古刹。寛永年間(1624年~44年)盛岡城下に移され、明治初年廃寺となりました。 神護景雲(じんごけいうん)2年(768年)称徳(しょうとく)天皇の勅願によって創建されたと伝えられます。古くは40余坊が荘厳さを競い、大同2年(807年)には坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が堂ならびに鐘楼・太鼓堂・鰐口以下 諸仏具を寄進し、康平(こうへい)年中(1058年~65年)源頼義(みなもとのよりよし)・義家(よしいえ)親子が安倍氏との戦いのためおもむいた際、堂塔・護摩殿などを健立、十六坊を修造したとされる(祐清私記)。「吾妻鏡」(あづまかがみ) 文治5年(1189年)9月9日条に寺名がみえ、称徳天皇の勅願寺とされ、鎮守は走湯権現(そうとうごんげん)(現走湯神社)で、一丈の観音菩薩像についての記述があります。 また、当寺の僧16人は、金堂の壁板13枚をはがし取った宇佐見氏の横暴を源頼朝(みなもとのよりとも)に訴えています。現在走湯神社隣接の収蔵庫には、「吾妻鏡」にいう一丈の観音菩薩像の後身といわれ、平安末期の作とされる木造十一面観音立像(岩手県指定文化財)が安置され、当国三十三観音霊場の第七番札所になっています。

住所 紫波町二日町字向山171

近くのスポット

  • 月の輪(月の輪酒造店)(要予約)

    • 体験する
    • 買う
    住所 紫波町高水寺字向畑101

    伝統の継承と技術の革新を目標に掲げ、日本酒造りには不向きといわれるもち米を100%使用した純米酒の製造や、原料の米を最大限に利用する焼酎の製造にも取り組むなど新しいことに挑戦し続けています。

    詳細を見る

  • 小昼ハウス

    • 買う
    • 食べる
    住所 紫波町高水寺字田中68

    もち米生産日本一の紫波町、代々親から伝えられたおふくろの味を皆様へお届けしようと頑張っています。お引き出物やお供えなどいろいろご相談に応じますのでご利用下さい。

    詳細を見る

  • 高水寺跡

    • 坂上田村麻呂
    • 平安時代
    • 木造十一面観音立像
    • 歴史・文化
    • 源頼朝
    • 神社仏閣
    • 称徳天皇
    • 観る
    • 観る中部
    住所 紫波町二日町字向山171

    二日町の東部、城山の北西麓に位置した古刹。寛永年間(1624年~44年)盛岡城下に移され、明治初年廃寺となりました。神護景雲(じんごけいうん)2年(768年)称徳(しょうとく)天皇の勅願によって創建されたと伝えられます。

    詳細を見る

  • 城山公園・高水寺城跡

    • 城館
    • 斯波氏
    • 歴史・文化
    • 観る
    • 観る中部
    住所 紫波郡紫波町二日町字古舘21-2

    町のほぼ中央に位置する小高い山にあります。室町幕府とゆかりの深い斯波(しば)氏の居城であり、御所ともいわれ、中世紫波郡の中心として約400年栄えた場所です。2,000本を超える桜が咲き誇る桜の名所で、公園へ続く遊歩道にできる桜のトンネルは見ごたえがあります。

    詳細を見る

  • 走湯神社

    • 安部氏
    • 歴史・文化
    • 源頼朝
    • 神社仏閣
    • 観る
    • 観る中部
    住所 紫波町二日町字向山170

    二日町の東部、城山の北西麓に位置。鎌倉時代からの古刹高水寺の境内にあった、当国三十三観音7番札所。祭神は天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)で旧村社。

    詳細を見る