ホーム » 紫波町西部エリア

紫波町西部エリア

 

紫波町の日本酒(樽)

紫波町の日本酒(樽)


中部エリア> <東部エリア

紫波町西部エリアのスポット

  • 水分神社・スギ群

    • 南部氏
    • 歴史・文化
    • 神社仏閣
    • 観る
    • 観る西部
    住所 紫波町小屋敷字新在家2

    水分神社は、水配(みくま)りという意味があり、水の神として祀(まつ)られたところです。 秀峰東根山(あずまねさん)の麓に位置し、周囲は樹齢およそ700年位の杉の群生に囲まれ、豊かな自然の恵みとして、古くから良質な水が湧き出ています。坂を上り見えてくるのが、17本の天然杉。ここの湧水は美味しいと評判で、わざわざ汲みに来る人たちがいるほどです。

    詳細を見る

  • 志和稲荷神社・大スギ群

    • 南部氏
    • 歴史・文化
    • 源義経
    • 観る西部
    住所 紫波町升沢字前平17-1

    志和のおいなりさんと仰がれて、車のお祓い・厄祓(厄年祓)・合格祈願には特に霊験あらたかな神様として、全国各地から多くの参拝者が訪れます。 千年の大杉は稲荷神社を象徴し、信仰者は延命長寿をこの老杉に祈り、白きつねの白毛を根元から探し求める風習があります。

    詳細を見る

  • 土舘源勝寺跡

    • 斯波氏
    • 歴史・文化
    • 観る
    • 観る西部
    住所 土館字木金

    現在、盛岡市北山にある源勝寺は、元は土舘にあり、稲荷山源勝寺と称し、斯波氏代々の菩提寺であったと伝えています。五段の段築(だんちく)があり、隅丸(すみまる)、南北長方形、杉木立の郭(くるわ)と見られる5アールほどの広さが源勝寺跡です。周辺に溝が巡らされて、東側に突出した上り口と南側に池らしき窪地があります。この源勝寺跡下に安倍道があります。

    詳細を見る

  • 稲藤神楽

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町稲藤字関口83-2

    由来沿革等は明確ではない。稲荷神楽、馬場神楽、稲藤神楽と伝承されてきたと古老の話。又、獅子頭の幕に明治5年8月稲藤神楽と染め抜いた物を、若い時代に間違いなく見て読んだ記憶があり、百有余年の芸能保存の後継であると信じております。

    詳細を見る

  • 山川屋

    • 買う
    • 食べる
    住所 紫波町上平沢字南馬場46

    昭和9年創業の老舗お菓子屋さん。大判かりんとうをはじめ、 クルミいりの稲荷羊羹、ハッカ飴、らくがんはすべて手作り。 稲荷神社のおみやげとしても、古くから親しまれております。

    詳細を見る

  • 産直あぐり志和

    • 産直
    • 産直西部
    • 買う
    住所 紫波町片寄字山田前441

    農産物に加え、加工品が豊富。併設の「あぐりちゃや」(11:00~14:00)では、紫波もちもち牛などを使ったランチを手頃な価格で提供。

    詳細を見る

  • 岡田田植踊【紫波町無形民俗文化財】

    • 郷土芸能
    住所 岩手県紫波郡紫波町片寄字岡田278

    伝承の由来については歴史的に証明するものは何もないが、長老の話や古文書によると、金売吉次、鉱山師孫六、是信房などが伝えたとされる。特定はできないが、平泉が繁栄している時期というのが定説なようだ。昭和27年頃、畠山憲造、高橋正三等によって復活。

    詳細を見る

  • 村上製菓

    • 買う
    • 食べる
    住所 紫波町平沢字松田1-5

    懐かしい駄菓子を、昔ながらの製法で手作り販売をしております。 店舗はございませんが、紫波町内各産直、ナックス、ラ・フランス温泉館などで販売しております。

    詳細を見る

  • ビュ-ガ-デン

    • 観る
    • 観る西部
    住所 紫波町小屋敷字新在家1-11

    高村光太郎が「天然の舞台」と讃えた奥羽山脈東根山山裾に位置しています。広大な芝生広場やペレニアルガ-デン、ツリ-ハウスの遊びの森などがあります。

    詳細を見る

  • 紫波農園

    • 産直
    • 産直西部
    • 買う
    住所 紫波町小屋敷字焼野82-1

    東根山の麓、街を見下ろす絶景のロケーション。自園で栽培された洋ナシ、ブルーベリーなどが揃う。軽食コーナーもある。

    詳細を見る