一般社団法人紫波町観光交流協会

蝦夷の時代

志賀理和気神社(しかりわけじんじゃ)

【創建】 社伝では、延暦23年(804年)に坂上田村麻呂が、東北開拓守護神として経津主命(香取神)・武甕槌命(鹿島神)を勧請したことに始まるという。 9世紀初頭において、一帯では志波城造営(803年)・斯波郡(紫波郡)建置・徳丹城造営(811年)などの開拓が進んでおり、当社も蝦夷平定の報謝と一帯の鎮…

詳細を見る

twitterVFA{^
fecebookVFA{^
LINEVFA{^