一般社団法人紫波町観光交流協会

【標柱】五郎沼経塚跡

国道4号線沿いの五郎沼南東部堤体の小高い場所にあり、沼の向うに紫波三山が連なり、北西奥に岩手山が遠望できます。

五郎沼経塚跡は、昭和9年それまで「蛇の塚」と呼ばれ古墳とされていた場所に「恩賜の郷倉」を建設する際、偶然発見されました。出土した経塚の埋納容器と推測される須恵器系陶器壷は、12世紀後半のもので五郎沼経塚が、奥州藤原氏時代の経塚であることの証拠となっています。

紫波郡誌には、「本郡の古墳として知られている赤石村大字南日詰五郎沼の蛇塚は、享保年間に“じゃのつか”として知られ、既に発掘せられて直刀を得たと称されている。」 とあります。

周辺の施設(紫波指定なし)

そば打ち体験 稲藤第一農産加工組合(要予約)食べる・買う

田園が一望できる東根山の麓、地元紫波町産の蕎麦粉100%を使ってのそば打ち体験。自分で打った蕎麦の味はまた格別な味、初めての方もとっても簡単なのでご安心ください。お母さん方が丁寧に教えます。出張体験致します。詳しくはお問い合わせください。 オガ-ル緑の大通りで毎月第一日曜日限定で食べられます。(オガ…

詳細を見る

本野旅館泊まる

創業100年趣のある老舗旅館。

詳細を見る

twitterシェアボタン
fecebookシェアボタン
LINEシェアボタン