一般社団法人紫波町観光交流協会

【標柱】大荘厳寺跡

大璋荘厳寺の境内地は、樋爪館の区画内部の南西部に鎮座する「薬師神社」の周辺であったと推測されます。

大荘厳寺は樋爪館の構成要素として「政庁」、「御所」とともに造営された「寺院」です。奥州藤原氏の滅亡後も存続し、中世を通じて樋爪館の故地である箱清水地内に所在し続けました。

頼朝に安堵された俊衡が大荘厳寺で泰衡の遺児を養育し、娘の璋子を娶らせたという話しも伝わっています。

近世初頭、南部氏の盛岡城下建設で移転させられ、樋爪故地における大荘厳寺は途切れます。さらに、盛岡大荘厳寺は明治の廃仏毀釈で廃寺になりました。

このように、樋爪故地からの移転と、廃仏毀釈による盛岡大荘厳寺の廃絶によって、奥州藤原氏時代の大荘厳寺の様相が理解しにくい状況になっています。

周辺の施設(紫波指定なし)

そば打ち体験 稲藤第一農産加工組合(要予約)食べる・買う

田園が一望できる東根山の麓、地元紫波町産の蕎麦粉100%を使ってのそば打ち体験。自分で打った蕎麦の味はまた格別な味、初めての方もとっても簡単なのでご安心ください。お母さん方が丁寧に教えます。出張体験致します。詳しくはお問い合わせください。 オガ-ル緑の大通りで毎月第一日曜日限定で食べられます。(オガ…

詳細を見る

本野旅館泊まる

創業100年趣のある老舗旅館。

詳細を見る

twitterシェアボタン
fecebookシェアボタン
LINEシェアボタン