一般社団法人紫波町観光交流協会

【標柱】南日詰大銀Ⅱ遺跡(樋爪館関係遺跡群)

 大銀Ⅱ遺跡の発掘調査は、平成27年度から平成29年度まで紫波町教育委員会、続く平成30年度に公益財団法人岩手県文化財事業団埋蔵文化財センターによって行われました。その調査結果により、樋爪の都市空間が北上川縁にまで広がることが確定的となりました。

 この調査で、平泉の柳の御所にしかない格式の高い造りの塀の跡や、この塀跡に取り付くように約3mの間隔をおいた太い門の柱跡が見つかりました。柳之御所に存在したとされている棟門と推定されています。

 柳之御所遺跡にあったものと同様の棟門が、大銀Ⅱ遺跡にもあったということは、大銀Ⅱ遺跡にも柳の御所遺跡と同等の建物等の存在を示すもので、出土品からも格式の高さが感じられ、北上川に面した立地からも柳の御所が連想されます。

 このような大銀Ⅱ遺跡の状況から、樋爪館跡に肩を並べる拠点がもう一つある可能性が出てきました。この遺跡が、例えば初代清綱や弟の五郎季衡など、俊衡とは別の一族の居館であったと想定することもできます。

 「吾妻鏡」に登場する「樋爪館」の所在地の再検討を必要とするかもしれないほど、大銀Ⅱ遺跡の重要な価値が認められ注目されてきています。

周辺の施設(紫波指定なし)

そば打ち体験 稲藤第一農産加工組合(要予約)食べる・買う

田園が一望できる東根山の麓、地元紫波町産の蕎麦粉100%を使ってのそば打ち体験。自分で打った蕎麦の味はまた格別な味、初めての方もとっても簡単なのでご安心ください。お母さん方が丁寧に教えます。出張体験致します。詳しくはお問い合わせください。 オガ-ル緑の大通りで毎月第一日曜日限定で食べられます。(オガ…

詳細を見る

本野旅館泊まる

創業100年趣のある老舗旅館。

詳細を見る

twitterシェアボタン
fecebookシェアボタン
LINEシェアボタン