一般社団法人紫波町観光交流協会

【標柱】延文六年供養碑/伝説・夜泣き石

国道4号線沿いの五郎沼北東部堤体上にあり、紫波町指定文化財「箱清水石卒都婆群」の板碑13基中の1基です。

 延文六年供養碑は、高さ210㎝の長大なものであり、碑面上半部には薬研彫りで種子が大きく刻まれています。「パイ(薬師如来)」に涅槃点を加えた種子であり、「パク(釈迦如来)」にも似ますが種別が分からない種子です。

偈頌、あるいは願文と推測される文字が紀年銘の左右に二行ずつ、併せて四行刻まれています。不明瞭な部分が多くありますが、「行若ヵ成佛 千佛□□ 皆ヵ同ヵ□□ 六道迷法ヵ」と判読されます。紀年銘は「延文六年 辛丑 八月四日」と刻まれています。延文は北朝年号で、延文六年は西暦1361に相当します。

この碑には、土手の決壊を防ぐため人柱となった娘の悲哀と、後世これを弔う村人の行いが語られている「夜泣き石」の伝説や、佐々木喜善の「五郎沼から出た古碑」の伝承があります。

周辺の施設(紫波指定なし)

そば打ち体験 稲藤第一農産加工組合(要予約)食べる・買う

田園が一望できる東根山の麓、地元紫波町産の蕎麦粉100%を使ってのそば打ち体験。自分で打った蕎麦の味はまた格別な味、初めての方もとっても簡単なのでご安心ください。お母さん方が丁寧に教えます。出張体験致します。詳しくはお問い合わせください。 オガ-ル緑の大通りで毎月第一日曜日限定で食べられます。(オガ…

詳細を見る

本野旅館泊まる

創業100年趣のある老舗旅館。

詳細を見る

twitterシェアボタン
fecebookシェアボタン
LINEシェアボタン