一般社団法人紫波町観光交流協会

【標柱】五郎沼遺跡

五郎沼遺跡は、紫波町指定文化財の史跡「樋爪館跡」区域内の南部にあり、東側は紫波町南日詰字箱清水の国道4号に接しています。

現在は南北に細長い形ですが、これは明治以降の干拓によるもので、それ以前は現在よりもおよそ2倍西側に広がる形で、大きさは南北450m、東西250mと広大なものでした。

造成年代は、12世紀奥州藤原氏の時代と推測され、樋爪館の造成時に、居館の構成要素として同時に造成された「池」と位置付けられます。

大正末ごろに沼底の泥上げ作業をしたとき、数多くの「かわらけ」が発見されました。平泉の奥州藤原氏と同じように、樋爪一族が船を浮かべ酒宴を催していたと考えられます。

伝承では、館主の樋爪太郎俊衡の弟、五郎季衡が好んで遊泳したことから、五郎沼と呼ばれたとされています。沼を一周する約1kmの散策コースがあり、五郎沼経塚跡や指定文化財の箱清水石卒都婆群などを巡ることができます。

春は桜並木が水面に映え、初夏には800年余の時を経て甦った蓮の花が咲き競い、冬になれば白鳥の群れが訪れる人気の観光スポットでもあります。

周辺の施設(紫波指定なし)

そば打ち体験 稲藤第一農産加工組合(要予約)食べる・買う

田園が一望できる東根山の麓、地元紫波町産の蕎麦粉100%を使ってのそば打ち体験。自分で打った蕎麦の味はまた格別な味、初めての方もとっても簡単なのでご安心ください。お母さん方が丁寧に教えます。出張体験致します。詳しくはお問い合わせください。 オガ-ル緑の大通りで毎月第一日曜日限定で食べられます。(オガ…

詳細を見る

本野旅館泊まる

創業100年趣のある老舗旅館。

詳細を見る

twitterシェアボタン
fecebookシェアボタン
LINEシェアボタン